怪しいアイツを録画してしまえ!家庭用防犯カメラで安心な毎日

SITEMAP
home security camera

家庭用防犯カメラを設置するコツ

家庭用防犯カメラをご自宅に設置する場合、設置する場所の選び方にはいくつかのコツがあります。たとえば、家庭用防犯カメラを1台だけ購入して、玄関近くに設置している場合、空き巣の常習犯に対する防衛力はあまり高くないかもしれません。
多くの場合、空き巣は人目に付きやすい玄関のドアを無理やり開けて入るのではなく、植え込みや街路樹、家の塀などに隠れて見えづらい家の裏側や、庭に面している窓から家の中に侵入します。また、家庭用防犯カメラを設置している場合、それが安心感につながって、戸締りを厳重に確認せず外出してしまうこともあるかもしれません。そんなとき、家の裏側にある窓のカギがうっかり空いていたら、空き巣はその窓からすんなりと家の中に入ってしまう可能性もありますよね。
そのような被害を防ぐためには、戸締りをしっかりと確認するのはもちろんのこと、複数台の家庭用防犯カメラを設置しておくことがとても有効です。できるだけ死角が生まれないよう、防犯カメラの台数や角度、設置の仕方を考え、なおかつある程度外からも家庭用防犯カメラの存在が分かるように設置しましょう。防犯対策をおこなっていることをアピールするだけでも、被害防止には有効です。

家庭用防犯カメラの種類とは?

平和だと思っていた日本でも、今では多くの凶悪事件が日夜発生しています。警察は被害が出てからでないと動くことが出来ませんし、その影響で強盗や殺人といった凶悪な犯罪を防ぐことはほとんど出来ていません。そのため、自分の身は自分で守る必要性があるのです。
自分の身を守るという点で、自宅に設置する家庭用の防犯カメラは非常に最適な品だと言えますが、家庭用防犯カメラにはどのような種類のものがあるのでしょうか?家庭用防犯カメラの種類は多数存在しますが、まずは定番となるのが有線の家庭用防犯カメラです。こちらは屋内、屋外の監視用に作られた有線式のカメラが存在しています。これらは玄関や勝手口といった、自宅への入室の際に利用する場所や窓などの侵入される可能性のある場所に設置するほか、リビングなどの室内に設置する屋内型などが存在しています。屋外に設置するならば、防水機能や夜間での使用も考え赤外線機能などが付いたものが望ましいでしょう。
また、配線工事がいらない無線のカメラも存在しています。Wi-Fiなどに対応し、外出先からカメラの映像を確認することが出来るものが多く存在しているのです。こういったカメラは防犯目的だけでなく、家で留守番をしているお子さんやペットの様子を見守ることが出来るという使い方も存在しています。防犯カメラには多くの種類がありますが、防犯目的だけでなく多目的に活用することが出来るのです。

家庭用防犯カメラ設置の最適な場所とは?

日本でも多くの凶悪犯罪が起こり続けており、日本国民の防犯意識は年々高まっています。これまでは窓を開けっ放しにしないことや、鍵をしっかりかけておくこと、夜間はチェーンも閉めることなどが挙げられましたが、今では家庭用防犯カメラを設置する家庭も珍しくはありません。そこで、防犯に効果的な家庭用防犯カメラの設置場所はどこなのでしょうか?
まずは、最も人が出入りしやすい「玄関」が挙げられるでしょう。玄関は強盗や泥棒が最も侵入する場所です。しかし、玄関から堂々と入って行く際にはピッキングが必要になりますし、周囲に人気がないことを確認しておく必要があります。そんな玄関に監視カメラが設置してあると、「この家は防犯意識が高くやりづらい」と思わせることが出来るのです。
また、駐車場なども非常に効果的な場所と言えます。俗に言う車上荒らしと呼ばれる輩による車の破壊や、中にある金品の強奪の可能性があるからです。しかしこちらも監視カメラの目があれば、同様に犯行を行いづらくなります。犯罪者は出来るだけ犯行のリスクを減らすため、迂闊な獲物を求めているハンターのような連中です。少しでもやりにくいと思わせることが出来れば、彼らは自然と近寄らなくなるのです。そんな環境を作るためにも、最適な場所に家庭用防犯カメラを設置するようにしましょう。

家の死角に家庭用防犯カメラを設置するメリット

最近、空き巣や不審者の被害について聞いたことはあるでしょうか。近所ではなくても、近隣の市町、隣の県などニュースで被害を耳にして身近に不安を感じる方も多いと思います。とはいえ、日中は大半が留守にしている家が多いのが事実です。留守中の家の防犯対策に有効なのが家庭用防犯カメラです。 家庭用防犯カメラが設置してあることそのものが、敷地内に侵入を試みようとしている者にとっては脅威となりますし、仮にカメラの存在のに気づかず侵入されてしまったとしても、録画した画像という動かぬ証拠が残ることになります。一軒家の場合、窓ガラスや掃き出し窓の鍵部分を破っての空き巣被害、駐車場に停めてある車への被害などが考えられます。 隣家に接していない窓、塀や庭の樹木に隠れて死角になっている窓、車のかげなどは、不審者が姿を隠して作業するのに適した場所になってしまいます。そういった場所に家庭用防犯カメラを設置する、防犯カメラ設置中というステッカーをポストなど分かりやすい場所に貼ってアピールする、なども有効な防犯対策と言えます。家庭用の防犯カメラは、5000円前後から数万円のものまで幅広い商品があり、録画中の画像をスマホで確認できる物、太陽光で作動し、電池交換が不要なものなど、用途や設置場所に合わせて選ぶことができます。


防犯カメラはお持ちですか?
エレックスシステムでは高画質の家庭用防犯カメラの通販サイトです!家庭用の防犯カメラには様々な種類があり、お好みのものや機能を重視したものをお得な値段で購入することができます!

大きな家

家庭用防犯カメラは効果があるのか?

家庭用防犯カメラは、日本でも少しずつ普及しています。今なお日本中で発生する空き巣や強盗などのほか、凶悪な事件に対応するために、防犯のため、そして万が一事件が起きた際に証拠として残すために需要があ…

MORE
家の模型

家庭用防犯カメラは画素数が大事

以前と違って価格がこなれてきた家庭用防犯カメラは、住まいのセキュリティを高める上で欠かせないアイテムの一つとなりました。安くなったことで複数の設置も容易になってきましたが、充分な性能を持つ製品で…

MORE